キャッシングやカードローンを利用〜無理なく返済を行なう〜

マイホームを購入する

一軒家

マイホームの購入と資金計画について

多くの人にとってマイホームは人生で一番高い買い物となります。そのため、購入にあたっては現金一括で購入する人は少数派で、大半の人は住宅ローンを組んで購入することとなります。住宅ローンは長期間かつ借入金額も高額となることが一般的です。そのため、わずかな金利の違いであっても返済総額が大きく変わってくる可能性があります。現在は歴史的な低金利の状態にあることから、固定金利よりも一段と金利の低い変動金利タイプの住宅ローンが人気です。しかし、変動金利タイプの住宅ローンの場合は、将来的に市場金利が上昇に転じた際には、住宅ローンの金利も上昇することとなり、毎月の返済額も増額となるという点については注意が必要です。

計画的な返済の重要性について

また、住宅の購入にあたっては、いわゆるバブル期に購入した場合、その後の住宅ローンの返済に苦しみ滞納してしまい、最終的にマイホームを売却せざるを得なくなった事例も少なくないといわれています。住宅ローンを滞納した場合、金融機関側は裁判所の競売に掛けて物件を売却して、一括で残金を回収できる契約となっていることが一般的です。売却しても住宅ローンの残金を支払い切れなかった場合は、物件を手放したうえに、残債についての支払い義務を負うこととなります。なお、一度滞納したら必ず競売になるとは限らず、借入時の金利や今後の返済計画によっては金利の見直し等に応じてもらえるケースもあります。そのため、無断で滞納をする前に借入先の金融機関に早めに相談することが重要になります。

Copyright© 2017 キャッシングやカードローンを利用〜無理なく返済を行なう〜 All Rights Reserved.